リテーナーについて

リテーナーは最初の3年以上は固定式(取り外し不可)のものを使用し、その後取り外し可能なリテーナーを夜のみ装着していただいていますが、つけたままの患者様が多いです。

リテーナーには取り外し式と固定式がありますので、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

取り外し式
○メリット
・クリニックに通う必要がない
・上手に扱えられれば一生使える

○デメリット
・使わないと合わなくなってくる(歯並びが崩れるため)
・就活で忙しい、子どもが産まれるなどライフスタイルが変わると、
装着や手入れを忘れてしまうことがある

固定式
○メリット
・つけっぱなしでいいので、お手入れ等が楽

○デメリット
・半年に1回通院してのメンテナンスが必要

矯正治療が完了していても、歯並びは年を重ねれば乱れていきます。
綺麗な歯並びをできるだけ保つのがリテーナーの役割です。
日本ではまだあまり浸透していませんが、例えばアメリカでは、時間とお金をかけて歯並び治療をしたのだから、一生つけるもの!という認識が一般的なんですよ。

自分に合った治療を見つけられるよう、お気軽にご相談ください。